大阪スタート

2014/10/31 (金)  カテゴリー/column-g

『恋と音楽Ⅱ』大阪公演初日。
本作品の大黒柱佐山さんが体調不良で休演となり、代役がなんと息子さん。
今夜観劇された方によると全く違和感なく「ジュニア」さんがご活躍だったもよう。
ひとまず良かった。でも佐山さん、早くお元気になってくださいませ。

速報(笑)によれば、大阪の真壁きゅんもビジュアル良好、歌声上等とのこと♪
さ、私も明日から乗り込むよー茶屋町!いっちゃうよー最前列っ
1日ソワレと2日昼夜の三公演、日常からちょこっと離れて楽しもーっと。

ただ・・・雨がな。あと、意外に暑いとか。
ということは、湿度も高い??大阪め。うちの吾郎に嫌がらせかっ(笑)

もう再来週

2014/10/19 (日)  カテゴリー/column-g

ようやく手元へきましたよー、『恋と音楽Ⅱ』大阪チケット。
再来週の金曜が大阪初日。ったくさぁ、振り回してくれたわ真壁ー。
(や、悪いのは吾郎でも真壁っちでもない。わかってるわかってる)

今回は先行抽選後半でバタバタと希望チケットが揃ったのだけど、
なんとなくかけてみた今日の一般で早々に電話が繋がってしまい、
つい(笑)千秋楽を取ってしまい、けれど私の予想に反して今回は
先行のほうが良席だったなぁ。なんか、それもいつもと違うよね?

このたびの大阪チケット争奪も吾郎ファンのみならず、たくさんの
友人にお世話になり本当に感謝。
大阪では関西ならではの友人たちにも会えそうだし、更に某公演
(←膀胱炎って一発変換なったよ(爆))では面白いことになりそうで、
いまから楽しみー♪うふふふふ♪

待ってろよ、マカベ♪

2014/10/16 (木)  カテゴリー/column-g

ここへきて、いよいよワケがわからない・・・

ぴあ三次先行で、いきなりの千秋楽大放出の朝。
嬉しい!というより、「んむむむむ?」となってしまった。

なんだかよくわからないけど、必要なチケットは揃った。
とりあえずゆっとく(笑)
待ってろよ!イナガキ!

先行地獄

2014/10/13 (月)  カテゴリー/column-g

「出口がないなぁ」ってね。
その昔、スパイシーボブの(笑)紀香ねーさんがゆってましたけど。
そう、15年ほど前に。

なにがって、『恋と音楽Ⅱ』の先行抽選予約ですよ。
ローソン、ぴあ、イープラスのうち、ローソンは二次、ぴあに至っては
このたび三次ですってよー、奥さんー。
この長い先行のトンネルはいつ終わるの?出口はどこ??
某ローソンに至っては、わたくしモチロン、周囲での当選報告皆無。
ゼロだよゼロ。っとに、舐めとんのか。不買運動したろか(苦笑)

噂によると梅田芸術劇場には「ヅカ枠」があるんだとかなんとか??
なので『オーシャンズ11』も然り。はー、どこもいろいろと諸事情が
渦巻いているのねぇ。
いやしかし、惚れた弱み(苦笑)、ぴあ三次もいってみるけどさ。
もうほぼほぼ千秋楽は19日の一般発売勝負だなぁ・・・。
さて、どーなりますか。

ワイドショーを見返す

2014/10/04 (土)  カテゴリー/column-s

最近ちょっとないよね。ワイドショー見返すとか(笑)

でも見ちゃう。なにをって、ライブ初日翌日の諸々エンタメニュース。
どんだけライブ後遺症??我ながら珍しい。
いまは消え失せてしまったオープニングのロングジャケットの左肩~胸元
あたりがオシャレだったのねー♪とか、囲み取材の白スーツ吾郎綺麗~♪
でもズボンをあげてるー、ウエストがゆるいのねー、痩せたもんねーとか
『笑顔のゲンキ』でネクタイ毟り取ってたのねぇ吾郎さん?!とかとかとか
・・・夢中かっ(苦笑)
友人からも「私たちの次は舞台だかんね!」とクギ刺されてますけども、
正直いまは『恋と音楽Ⅱ』よりもMr.Sたちのライブに行きたーい!

やっぱりさ、ライブの間に舞台挟むとかさ、反則だと思うの。
ライブはライブ、舞台は舞台でこっちもそのモードで集中したいじゃん。
公私共にバタバタで、あの空間の幸福感に縋りたいだけかもだけど。
・・・ま、どっちにしてもそんなことを先行抽選結果待ち前夜にゆってる
場合か、なんだけど。そう明日、まずはローソン先行で運だめしだ~!

明後日のスマスマがなにげに楽しみ。
ま、スマスマなんで。過度の期待はしないけども。
エリカ様(今回見かける予告映像ではなぜかあまり美しくないエリカ様)の
「実は好きでした」のお相手・・・『めざましテレビ』のはあれは、ネタバレ?
ちょっとだけ気になりつつも、こっちのエンタメニュースは見返してない(笑)

12月20日公開

2014/10/02 (木)  カテゴリー/column-g

映画版ヴィーナス・イン・ファー、『毛皮のヴィーナス』予告映像。



ヒロイン、めっっちゃ怖い!!(笑)
ヒロインもだけど相手役の男性も相当美しくないんですけど・・・(苦笑)
まぁたしかに、そういう美しさはなくて良い作品なのかもというのもわかる。

でもね!でもさ!
こんなん(こんなんゆーな)見ちゃうとうちのコの麗しきクジエムスキー様が
見たくて仕方なくなるわぁーーーーー!!!

再演してくれないかなぁ、ほんとに。
中越さんがヴァンダを演れるうちにね(ご結婚とかご懐妊が心配なのよ)
吾郎はこの映画、観られるかな。めちゃくちゃ忙しい時期の公開だけど。
感想、どこかで聞きたいよね。