スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とはいえ遠征は楽し♪

2014/06/25 (水)  カテゴリー/column-g

恋音遠征で7ヶ月ぶりの東京、8ヶ月ぶりの生吾郎。
今回は(私の中での)ゴロ友四姉妹(笑)のうち三人が集合。

みんな家庭に仕事にいろいろあるけど、また会えて良かった。
また吾郎を肴に?美味しいご飯、お酒をいただけて良かった。

交友関係、広がらないわぁ(苦笑)
でも正直これでけっこう十分なのね、実のところ。
ここまでくると、ゴロ友新規開拓とかなかなかしんどい、難しい。
吾郎ファン以外のスマ友さんも絶妙に充実しているこの十数年、
すごく有難いと思ってる。
 
スポンサーサイト

恋と音楽Ⅱ

2014/06/24 (火)  カテゴリー/column-g

6月21日ソワレ、22日マチネを観劇。

いや、実は。
初見の21日にはけっこう失望感というか、落胆が大きくて。
なにせ周囲の前評判がやたら良かったので、ハードル上げ過ぎた??
吾郎の歌唱、ビジュアル、作品のクォリティ、どれも物足りなくて。
吾郎の主役感が薄いー、萌えがないー、歌い過ぎー(ミュージカルです)
2時間10分に亘るトキメキのなさに我ながらちょっと戸惑ったよ(苦笑)
鈴木作品あるあるな感じで期待以上でも以下でもない稲垣吾郎に当て書き
された男のキャラクターがもう、ちょっとお腹いっぱいで(すみません)。
そして私はやっぱり「歌う吾郎」より「台詞まみれの吾郎」が観たいのー!
・・・と、やさぐれかけた21日の夜。
でも翌日、前夜のH列からF列に前進した2度目の観劇では大化けまでは
ないけどチョイ化け(笑)してくれた!(私が慣れた?)
吾郎ビジュアルもお歌も前夜よりずいぶん良かった気がしたし。
でも作品としては前回の恋音のほうが好み。楽曲も前回のほうが好み。
少数派かなぁ?

このテの舞台を否定はしないけど、個人的にはこのペースでこのシリーズが
続くならちょっとキツイ。年に二回舞台をやるよ、ひとつはこのシリーズだよ
って感じなら許す。←何様(笑)

毎回舞台のときにみんなが注目しているロビーのお花。
今回の話題は「役所広司」「シスカンパニー北村明子」「フジテレビ石原隆」
あたりかなー。で、あと本日マチネ観劇したらしい中谷美紀。
気になるわぁぁぁ。

 

そして千秋楽チケット

2014/06/13 (金)  カテゴリー/column-g

揃ったよっっっ\(^o^)/

チケットはやはり「出会い」だねぇ~~~。
 

初日 大阪 新曲

2014/06/13 (金)  カテゴリー/column-g

なんつーか、夕方から一気に慌ただしくなった金曜日。

まずは吾郎さん『恋と音楽Ⅱ』初日、おめでとーーー♪
観劇した友人によれば、前回よりストーリーがしっかり、そして歌がたくさん。
吾郎はスーツだらけ、眼鏡なし、ビジュアル良し、お歌は誰よりイマイチ・・・って。
そ れ ダ メ じ ゃ ん (爆)
でも作品としては良い意味で?鈴木さんらしくなく(苦笑)楽しくて2時間強の上演が
あっというまで毎週末通いたくなる舞台だと。
一週間後にはきっと急成長して私を待っていてくれてることでしょう♪ね、吾郎!(笑)

んで、初日のたぶん会見も終わってからのタイミングで降ってわいた秋の大阪公演。
なんなのよこの後出しじゃんけん!舐めとんのかー!!
吾郎に関しては一際雑よなぁ、相変わらずこの事務所はねぇ(+_+)
でもそんなに可愛くて楽しい吾郎の舞台ならどうにか大阪も行きたくなるわけで・・・。
東京公演から3ヵ月くらい空くのだろうし。コンサート日程との兼ね合いはどうなって
いるんだか。慎吾のほうも大阪は未発表だしねぇ。
この調子じゃライブの発表も「は!?」てな馬鹿タイミングで来そうだな。ったくもー。

そして新曲。
ここんとこ、出し過ぎでしょ。以上。
だっていまそれどこじゃない(苦笑)
 

怒涛の季節のはじまり?

2014/06/08 (日)  カテゴリー/column-s

今週はいよいよ月曜から慎吾、金曜から吾郎の舞台が開幕。
来月スタートのドラマを撮影中の木村さん、来月あるのであろう
SMAP5人での27時間テレビ。
そして、そろそろくるであろう、ライブツアーの発表。
いよいよSMAPさん、怒涛のシーズン到来ですかっ♪

先週はスルーしていたスマステ。
昨夜見たらウワサどおり慎吾の声が「変化」していた。
あれがミュージカル効果??
・・・効果というには正直違和感ハンパなかったんすけど(汗)
吾郎は喉が鍛えられているんだなぁ、とあらためて感心したり。
慎吾の「声変わり」か良い傾向の変化なら歓迎だけど、なにか
間違った喉の使い方によるものだったらちょっと心配よねぇ。
いよいよ明日かー。パルコと比べると相当華やかなんだろうけど
とにかく成功を祈ります。いろんな意味での成功と成長を。
 

ドクター検事の次は・・・

2014/06/03 (火)  カテゴリー/column-s

マエストロな小説家もやれちゃうかもよー♪ごろさんー♪(笑)

『スマスマ』のスマ進ハイスクールでの小説入門。
「やばい」「すばらしい」「超一級」「プロ」とその場の全員から
絶賛されまくった吾郎の作品。

いや、ホントなかなかすごい出来と思う。
『離れる』というシンプルかつ含みあるタイトルで、「幽体離脱」と
「離れていく心」をかけている見事さ。
ゲストの百田尚樹氏がつくった導入部の「目の前の光景に驚いた」を
ラスト間際でもう一度繰り出すセンス。おーみーごーとー\(^o^)/
他のメンバーもそれぞれ「らしい」、個性的、五人五様被らずスゴイ
との感想が多数あったけど。・・・正直ステージが違くね?(苦笑)あは♪

昨夜はマエストロ以来の激リピ。
なんだかんだ吾郎が褒められてるのは嬉しい(笑)


 

想定外

2014/06/01 (日)  カテゴリー/column-g

『恋と音楽Ⅱ』の千秋楽チケットがない。
舐めてたわけじゃないけど(いや、ちょっとは舐めてたか?)
あの馬鹿タイミング(笑)での発表で稲垣吾郎のミュージカル、
しかも平日の千秋楽チケットだもの。どうにかなると思ってた。

平日ゆーても金曜夜、「慎吾ついで」に狙った人も多いのか?
なかなかの良席の交換札も現時点ちっとも役に立ってない。
ちょっとばかし危機感を覚えてきた今日この頃。
まだ1ヵ月あるし。ぱらぱらと2枚、出てくることを祈ろう。

そんな当舞台、ネット上にはフライヤーの画像もちらほら。
やっぱり微妙なんだよなーー、鈴木聡舞台の広告系ーー(苦笑)
なんにせよ、去年『ヴィーナスー』で良い思いをし過ぎたんだ。
今年はそういった意味では一回休みだ。←言い聞かせるな(笑)
いや、もちろん楽しみにはしてるんだけどね。
つくづく「毒」や「闇」や「病み」を抱えた吾郎さんの芝居が
観たいんだな、私はな。

・・・
こんな感じだから、手元にやってこないの?千秋楽チケ(^^;)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。