閏日

2012/02/29 (水)  カテゴリー/column-g

『ハングリー!』スタートから約2ヶ月・・・葛藤しておりました(^^;)
嫌悪感に近いものがこみ上げることすらあり。吾郎のドラマなのに。
スマスマの吾郎の(ワタシ的に)見たくないジャンルのコントを見せられてる
ような暗澹とした気分にさせられたりもして・・・吾郎のドラマなのに。
吾郎ファンとして自己不信に陥りかけては、いやいや「いま私は忙しい。
何らかのバイオリズムが合っていないのだ」と言い聞かせる日々(苦笑)
その不満の一端を吾郎@麻生様ビジュアルのせいにしたりもして・・・
要は、ドラマを全く楽しめていなかったのです。

が!昨夜の第8話でかなり浮上
いい大人が冷蔵室に閉じ込められるという、昭和か?!な設定というのに
ワタシ的 「初日が出た!!」 みたいな♪ 力士かっ(笑)

「会話する友達もいないのか。僕と一緒だな」
この台詞から始まる怒涛の(笑)厨房&冷蔵庫シーン。
麻生がその美貌と美学の裏に隠す孤独を滲ませた台詞、目線、仕草。
そして、ブランケットに包まれた横顔(特に左からのアングル)最強!!
初回の銀盆シーンにはドン引きしたので、スプーンが登場したときには
一瞬げんなりしかけたのだけど、そこに映した麻生様の表情が反則!
ここから微笑を残して去るまでのシーンにヤラレタ!麗しいのに哀しげで!
あ、先週の予告で話題沸騰していた抱擁シーンは思いのほか色っぽくなく、
麻生様の台詞回しの妙で面白シーンに。ま、それで正解でしょうね(笑)
吾郎はあれなんですよたぶん。抱きしめる、よりは抱きしめられる、ほうが
きっと色っぽいのよ・・・なんてね、ゆってみたり。あはっ。
むしろ卵かけご飯を食らいまくる姿のほうが素敵。個人的に卵かけご飯は
あまり好きではないので真似はしないけど(笑)

いよいよ吾郎@麻生様に堕とされつつある快感
もうすぐ3月。ようやくバイオリズム(苦笑)が合ってきた?
吾郎がスロースターターなのか?だから時間がかかった?←上からやな。

それにしても
「僕には社会性も常識もある。金もな」
「君もいっそ、僕のものにならないか?」
「警察に連絡しろ」「なぜちゃんと充電しておかなかった」
「正直さっきまでちょっと酔っていた」「体を寄せ合おう」
「選り好みしている場合か」「早くしろ。死ぬぞ」「僕は虚弱体質だからな」
この上から目線の台詞の数々は、ほぼ正論なんだけどかなり一方的で
目の前には戸惑う若者(笑)・・・麻生様、『笑の大学』の向坂さんみたい。
実はどこか天然で、可笑しくて笑いを誘う台詞回しまでも。意識してる?

はー。
昨夜みたいなものを吾郎に見せられると、見ごたえある作品をスクリーンで
観たいなぁぁぁ!とね、思ってしまいます。
ドラマも残り3話、宿敵というよりは英介のストーカーめいてきた(笑)
麻生様にも期待してますが、「次」にも期待、しております。
2012年の閏日は、吾郎で気持ちが潤って。久々心穏やか。うふ

二・二六

2012/02/26 (日)  カテゴリー/column-h



大雪です。ここへきて。

明日からの仕事が思いやられるー。
たったあと5度、気温があればかなり解けるんだけど・・・とか
考えるのも空しいけど(苦笑)

早く3月よ来いー。
気分を入れ替えたいのだよー。

続・春からのお仕事

2012/02/22 (水)  カテゴリー/column-s

こんどのフジ火10枠は剛の「病院ドラマ」。
『37歳で医者になった僕~研修医純情物語~』で初の(!)医師役に。
剛がこれまで医者の役をやっていなかったというのが驚き。
思えば吾郎が5人の中でダントツに多いよね、白衣役。
なんか今回のはすーごく剛にハマりそうな設定で。楽しみだ♪

そして吾郎の医療ドラマといえば。
ついに『Dr.検事モロハシ』が3月23日にオンエア決定とのことです。
撮りは一昨年の初夏ですよお。いったいこの作品は何に翻弄されて
ここまで流れてきたものか・・・「???」が飛び交い過ぎて、この度の
放送決定にもなんかテンション上がらない。
なおかつ、誌上のスチール写真を見る限り画的にも・・・やや不安が(汗)
心静かに待つといたしましょ。

「男」事情が気になる・・・

2012/02/20 (月)  カテゴリー/column-g

毎日覘きに行っているわけです。
『新国立劇場』公式HPへ。

来年7月の『象』のキャスト欄、一昨年吾郎が演じた「男」役の空白に
「稲垣吾郎」の四文字を見つけに!
早く諸事情をぶっちぎって、私を喜ばせる四文字をアップして欲しいー。

そこに吾郎の名が載ると来年のSMAPの夏コンなしは確定なわけで。
「国」が配慮してる?スマファンがいまから落胆しないよう??
まぁね、国民的アイドルなんでね。国も気ぃつかうよね(にゃはは)

Happy Birthday!

2012/02/19 (日)  カテゴリー/column-s

森くん、38歳おめでとー!

いまだ5人を脅かすほどの(笑)公式カレンダーのビジュアル。
その「現役」っぷりに驚愕しつつも嬉しくてたまりません。
かっこ良すぎて笑っちゃうのよ。久々のこの感覚。

「40歳で引退」発言も気になるところではありますが・・・
ただただ森くんらしく残りの30代を過ごしてもらえれば。
お誕生日、おめでとうございます

主演映画

2012/02/13 (月)  カテゴリー/column-s

先週木曜の話題。遅ればせながらの。

映画『任侠ヘルパー』が11月公開とのニュース。
剛ファンにとっては待ちに待った発表でした。おめでとーおめでとー

この役を演じてる剛はなんか特別よね。格別、というべき?
月イチゴローで吾郎がどう語ってくれるかも楽しみよ♪ (気ぃ早い)
もういまから絶対1位だと思うもん、これ(笑)
今年剛はこれと、健さん主演の映画も封切られるのでしょ?いいなー。

月イチゴローさん、ご自身の出演映画を今度取り上げるのはいつ?(^_^)

小窓が気になる

2012/02/12 (日)  カテゴリー/column-g

今年最初の月イチゴロー。
黒系のピンストライプのスーツのジャケットに同系色のコサージュ?が上品。
黒髪吾郎のノーブルさが引き立つファッションでございます。
個人的には蝶ネクタイよりレジメンタルのほうがやっぱり好きかもー。

今週の5作品・・・。
最近はどうも吾郎が饒舌になってテンションおかしくなっちゃうような作品群、
てぇわけにはいかないようで。それでも今回、『ドラゴン・タトゥーの女』では
「歩くセックス」との迷言?いや、名言が(笑)
吾郎は6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグ大好きだもんね~。
「かっこいい人が出てるほうが観るもん。観るもん」て(笑)繰り返すか(笑)
基本主役の姿カタチが美しくないと嫌がる人だとは知ってましたけど(苦笑)
吾郎がここまで絶賛するクレイグさんを観に行きたくなっちゃいましたよ。
ストーリーそっちのけででも(笑)
あと「いろんな役に化ける俳優さんではないよね。どれもリチャード・ギアに
しか見えない」というコメントも印象的。30代の俳優として、稲垣吾郎として
そこは気になるところなんだろうなぁ、と。

それはそうと、昨夜の月イチゴローはとにかく小窓が気になって気になって。
ゲストが映画『逆転裁判』の宣伝でいらした成宮寛貴くん。成宮くんといえば、
ファンの間では言わずと知れた吾郎のスペシャルな?年下のお友達。
吾郎の舞台を観に来るのはもちろん、贈るお花も大変に個性的で注目の的。
友人に言われて気が付いたのだけど、一時期体を鍛えていたような印象が
あり・・・ちょっと痩せましたかね?帽子含め衣装もおしゃれで、実は背も高い。
そして肌感がね、やはりSMAPさんとはひと世代違うわねぇ~といった感じで
(しみじみ)・・・29歳?ハリ感が違う(爆)
吾郎には「生放送でなるべく僕の話をして欲しい」と振られ、慎吾からは
「吾郎ちゃんとはいつからどういう関係?なんか、仲良いよねぇ」と言われ、
はたしてどんなテンションで対応してくれるのかぁと注目(笑)してましたが、
意外とクール。でも浮かべる笑みには吾郎への親愛の色が読み取れて。
はしゃがず淡々とした中に、ちょっと仲良し自慢?みたいな(笑)
いろいろと「配慮」のできる魅力ある男のコ(29歳だけどね)、ですねぇ。

スイーツ特集にもきれいにハマる綺麗な男性ばかりの昨夜の『スマステ』、
眼福でございました。

【 2012年2月の月イチゴロー 】
第1位 「ドラゴン・タトゥーの女」
第2位 「はやぶさ 遥かなる帰還」
第3位 「セイジ-陸の魚-」
第4位 「顔のないスパイ」
第5位 「ペントハウス」

愛しい毒

2012/02/01 (水)  カテゴリー/column-s

先日のスマスマの歌コーナーが秀逸でした!

布袋寅泰さんを迎えてのS-LIVE。
『スリル』『Mission:Impossible 』『POISON』のメドレー。
黒づくし衣装のSMAP。吾郎が珍しくあからさまに(笑)楽しそうーーー。
BOOWY好きだった吾郎と木村さんはかなり弾けてて、嬉しかったのねー。
吾郎のヴォーカルもいかにも慣れ親しんだ曲といった感じで伸びやか。
こなれ過ぎー(笑)

しかしロックなモードになるとやっぱり最強はうちの上2人。
迫力あんなー(笑)目力、ハンパない(笑)しかめた表情がまた素敵。
で、今回はこの2人のスタイルがやたらと良く見えます。中居さんさておき、
吾郎とほぼ同身長の木村さんが吾郎より脚長に見えることはそうそうなくて。
でも今回は木村さんのスタイルがよろしい。私は彼の膝下の、あの微妙な
内股的?O脚的フォルムが好きです。かわゆらしー
ファー付き衣装の中居さんも大変なお似合い具合で。

SMAPはなんでも大概こなすけど、本人たちがノッたときはやっぱりすごい。
本来こういうちょっと毒っぽい、上からっぽい、クールにイカレたパフォーマンスは
得意分野だもんねー。ああっ、毒っぽい棘っぽいSMAPに悩殺されたい!(爆)
ヤツらの「甘美な毒」にやられて人生狂わされたオンナがどんだけおりますか!
はいっ!←挙手(笑)

ファンは今回みたいな演出、曲調で魅せるSMAPが間違いなくツボなんで。
布袋さん、彼らが本気でノレる楽曲提供、まじでまじで熱望いたします!<(_ _)>

追記:
いつでもどこでもその「大きさ」が話題にのぼるゲスト様ですが、それをさほど
感じさせなかったSMAPの実は高身長っぷりに萌え・・・ゆーか、そこ自慢(笑)