スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっしゅうかんっ

2011/04/30 (土)  カテゴリー/column-g

はい。
いよいよ、一週間後には『ぼっちゃま』の幕が開いています~

共演者である柳家喬太郎さんの番組『粋ダネ!』(BS11)には先週今週と
白石加代子さんがゲスト出演されており、今週は舞台の宣伝も。
「喜劇ですか?」との問いに。
「喜劇というにはあまりに深いお話・・」と白石さん。
「深い喜劇であり、人間ドラマであり、音楽劇だったりも・・」と喬太郎さん。

うきやああああああっ

楽しみっ。楽しみ過ぎるっ。
そろそろ荷づくり的なものも始めてみました。
来週、お天気良いといいなー。なんとなく。初日は晴れてて欲しい

・・・・・。
絵文字、多いな。ハシャギ過ぎ?(笑)
スポンサーサイト

「水溶性の美学」

2011/04/29 (金)  カテゴリー/column-g

TVnaviさんがナイスです。

既知のエピソードがほとんどとはいえ、俳優・稲垣吾郎に自身を語らせ、
このコピー「水溶性の美学」を引き出した担当さん、最高。
昔から俳優としての自分を「まな板の上の鯉」的な表現をしていたけれど、
「水の中に溶けていく感覚こそが逆に主張」という言葉は沁みます。
ちょっと近年にない、ぐっとくるタイトル&コメント。

吾郎が自分のことをこれだけ的確に表現できるのは、やはり自身を
俯瞰で見ることができるから?
しなやかでいて地に足がついてる感じがすごくいいなと思います。

そしてこの記事で思ったことは
今後俳優業の側面を語られるとき、常に『十三人の刺客』が登場するので
あろうな、ということ。世間的にはそれほどのインパクトなんだよね。
私としてはむしろ『流れ星』のお兄ちゃんのが衝撃度大だったけどね(笑)

『ぼっちゃま』初日までいよいよ1週間余り。
しかしどうやら大阪チケットに振り回されるGW前半になりそうー。
もうひと頑張りですっ。

こちらの構えができれば

2011/04/29 (金)  カテゴリー/column-g

おー、いけるいけるー。

ゴロウ・デラックス、3回目にしてようやく楽しめたっ。
吾郎の対人対応力、精神的瞬発力に比べ、私のなんてダメダメなこと。
大きな画面で、尚且つ地デジで、この吾郎ビジュアルも堪能したいよー。

しかし。
ゲストにもよるんだろうけど。
女性レギュラーがしっかり居ながら、吾郎が完全ヒロイン状態(笑)
なんて素敵な(笑)

昭和25年 東京郊外

2011/04/27 (水)  カテゴリー/column-g

そして、旧家の主・ぼっちゃま=井上幸一郎。

日曜日、パルコ劇場にぼっちゃま本チラシ登場。
どうやら「お一人様一枚まで」とのことで、その貴重な画像を
ご好意で見せていただいた。

素 敵 で す 

セピアの写真に黄色のタイトルと公演詳細。
椅子に腰掛け脚を組むぼっちゃまの背後には、凛と立つばあや。
ナチュラルカラーのスーツ姿の吾郎がとてもノーブルな雰囲気。
もうこのツーショットだけでしっかりテンション上がった!!!

ついに大阪日程も発表となり、先行抽選もスタート。
これがなかなかの激戦・・・!?千秋楽が全滅続出・・・?!
平日、大阪といえども地方、しかも千秋楽といえどもマチネ。
吾郎ヲタのためだけの千秋楽じゃんっ?なんて思ってたのは
甘かったかーーー。いやー、いろいろ読めないなぁ。

昨夜のスマスマは、歌コーナーにだけ萌え。吾郎にうっとり。
中居さんの新番組カミスン(生放送)では「吾郎、丸くね?」と
やや眉間にシワ(苦笑)
吾郎は舞台時期にけっこう新曲リリースがかぶるのねぇ。
モード切替え、コンディションの維持、いろいろ大変だろな。
プロフェッショナルな吾郎のことだから心配はないと思うけど、
初日まで10日余り、どうか心身ともに充実してますよう。

微妙な雲行き

2011/04/22 (金)  カテゴリー/column-g

ゴロウ・デラックス第2回。
早くもゲストをお招き。芥川賞作家の西村賢太氏。

この方のキャラのせいもあるのかもーだけれど、
ゲストが来た途端、ここに居るのが吾郎である意味を
見失う感じ。なんか疲れる。ちょっと萎えた。
番組のコンセプト自体がいまだ見えてないせいもあり、
それも大きいのかな。

なんとなく
私が観たいと思う稲垣吾郎の番組ではないみたい。
構成もセットも。なにより番組自体の雰囲気が。
哀愁探偵1756のが好き。断然好き。

昭和の人

2011/04/20 (水)  カテゴリー/column-g

ぼっちゃまの設定は「戦後」だそう。

昨年の舞台に続き、吾郎が演じるのは昭和の時代の男。
クラシカルな衣装に身を包む(であろう)美貌のぼっちゃま
・・・うう、期待し過ぎるのを抑えるのが大変だー。

しかしJohnny’s Webスタッフレポートの、毎回絶妙に
イラッとさせられるあの感じ、どうにかならんものかー(笑)

再認識

2011/04/20 (水)  カテゴリー/column-s

サントリーさんのCMのこと。

たくさんの有名人の方々が『上を向いて歩こう』をリレー形式で
歌っている、あれ。

男性に注目したとき、意外にもけっこう上手な人が少ないのねぇ。
しかも心惹かれる声質の方ってのも少ない。

このCMを見るたび聞くたびに、SMAPって歌上手いじゃん?
って思うわけです。・・・えっ?!ダメっすか?!(爆)

いやでもね
あの5人の声は確実に「魅力的」だとは言えると思うの。
再認識、した。確信した。

どうしても だめ

2011/04/19 (火)  カテゴリー/column-g

どうしてもだめ、っていうもの。

減らして減らして暮らしていくのが幸福なんだろうなぁ。
対、ひとも。対、ものも。

間口が広い、開けてる(と小雪さんが感服していた)吾郎。
しがらみまみれ(であろう)なあの世界で。
すごいなー。

新曲お披露目

2011/04/19 (火)  カテゴリー/column-s

メンバー出演の月9が始まるときのスマスマは華やか。
だったら昨秋クールの静けさはなんだったんだよ?とか、
いまさらやさぐれないけどねー。蒸し返さないけどねー。

とはいえ
華やかなだけで(失礼)最近はめっきりアタリのこない
スマスマ生放送という現実もありまして・・・ねぇ。
でもね♪稲垣シェフ作の黒酢の酢豚は私も大好き!
舞台『象』のときに、友人と祝杯あげた中華料理店でも
食べたよぉ~とか、1人テンション上がった昨夜。

シェフ姿だとわかりにくい髪形の変化。
歌と昼間の番宣の様子だと、やはり短くなってる??
今回の舞台仕様・・・にするにはまだ早い気もするけれど。
このままいくと、来月には超絶美人の吾郎に会えそう。
06年以降、吾郎が舞台で痩せていたイメージが・・・
正直ない(爆)今年はより楽しみだなー。

さて、初披露の新曲は。
タイムリーで少し寒い春(現在)にぴったりな雰囲気。
直後から「どっかで聴いたことがあるような・・・」と思いつつ、
とはいえアレのパクリでしょ?!とか明確なものではなく。
なんとなくTULIPの何かっぽいのかなぁって・・・。
ということは、ある意味ビートルズっぽいってこと?

♪他人が出遭ってぼくたちは生まれた~~♪
木村さんのパートが印象的。
相変わらず文部省推薦的と言えばそうなのかもだけど、
いまこのタイミングでは悪くないかと。

・・・でもね。
・・・吾郎と剛以外のお3人。
歌う顔つきに力が入り過ぎだと思うのよ(笑)
や、そこがまたいいとこ、らしいとこなんだけどね。うふ。

ゴロデラとカミスン

2011/04/17 (日)  カテゴリー/column-s

どちらも4月スタートのTBSの新番組。

北海道では『ゴロウ・デラックス』はなし。
中居さんの『Coming soon!』はどうやらありとか(ほっ)

しかし深夜の歌番組って
歌い手的にはどうなんだろう。夜中に。しかも生で(苦笑)
月曜から夜更かしさせられるこちらも少々迷惑だなぁ。

カミスン、初回ゲストにはSMAP。
ん?深夜にSMAPか・・・どんなノリか楽しみかもねぇ♪
やっぱいいかも、深夜っ(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。