スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワインでいい?

2011/01/23 (日)  カテゴリー/column-s

く。言われてみたいぜっ(笑)

話題のポポロを購入~。
写真、悪くないけど(吾郎は年末のキラキラビジュアルだし♪)
この雑誌のいつもべたーーとしたカンジのグラビアがどうにも
あまり好きではない・・・。うーむ、アイドル誌ってこんなもの?
若いコたちはやたらドアップも多くてねぇ。

で、なぜだかこのタイミングで5人勢揃いで登場のSMAPさん。
年末のテレビ誌撮影のどさくさに上手いこと紛れましたか?
しかし5人揃ったらいつもこんなカンジのグラビアなんだよねぇ
ポポロさん。衣装とかも、素敵だけどなんとなく新鮮味がない。
貴重な5ショット、もちろん有難いんですけどもm(_ _)m
(でもべたーーっと感はSMAPさん、他に比べると全然良い)

で、本題。
「メンバーに言われたイイ言葉とは?」に木村さん。
吾郎からの「木村くん、ワインでいい?」って・・・なにそれ(笑)
なんかライブのMCでも聞いた気がするけどね、こういうふうに
吾郎が訊いて選んでくれるから、普段飲まない木村さんもつい
飲んじゃう、とか。
しかしこれが真っ先に浮かんだということは、木村さんにとって
嬉しい心地良いフレーズなんでしょうな。ちょっとジェラシー(笑)
でもO型同士(←これを双方が持ち出してるのも面白い。対A型
対策で苦労してますか?お2人?)、なんか平和でいいわ(笑)
この台詞、吾郎に言われてみたいというよりは、木村さんを前に
それを言ってる吾郎を見てみたい。
きっと可愛い。顔も声も。超絶可愛いのよもう絶対に(笑)

あと、シンツヨ。
彼らにとって上3人のうち、吾郎はやっぱり異質なのね。
上2人はシンツヨにとってちょっと「君臨してる」感があるけど、
吾郎には良い意味でそれがないようで・・・。
面白いなー、ほんと。20年以上の時間を経て出来上がった
無二のバランスだねぇ。これからまだ変化もしていくのかな。

さて、今日のいいとも増刊号。
剛が「去年はライブができたので、今年も何か5人で・・・」と
語っており。木村さんのどこかでのコメントでも感じたのだけど、
「ライブやりたい(やります)」とハッキリ言ってくれないのが
やや気になるところ。
既に何らかの具体的プランがあるものなのか・・・?下手したら
5人でイベント的なことが一切できづらそうな状況になりかねず、
打破したいが故のコメントなのか・・・?
なんてね、いろいろとウザく考えてしまいますが。はたして。
スポンサーサイト

大切な人を想う

2011/01/23 (日)  カテゴリー/column-g

昨夜の月イチゴロー。
第1位は、大切な人を想う作品『僕と妻の1778の物語』。
星監督もきっとお喜びでしょう(^^)

そして昨夜のスマステ放送開始前、大切な人=吾郎を想う
私たちファンの心境もそれぁタイヘンなものだった・・・。
そう、吾郎のビジュアルチェックに大緊張っすよ(笑)
冒頭の本日の紹介VTRにも吾郎の姿がなかったし、それで
よけいにやきもきしちゃった。

いやー、でもねー、ひとまず安堵でしたよー(苦笑)
正直「本格始動」までにはもうひと絞りふた絞りして欲しい
気もするけれど(望み過ぎ?)
吾郎にはわりかし珍しいグリーンのチェックのジャケットに
デニムというスタイルも意外に・・どころかかなりお似合いで。
バストショットより全身映ったパネルのが素敵だったり(笑)
右アングルから撮った画の、画面下部がソフトフォーカスに
なってる画像処理も新鮮。それにしても髪、伸びたよねぇ。

一夜明けて今朝。
ツイッターを開くと、星×稲垣金田一シリーズの関係者様から
テンション上がるコメントもあったようで。嬉しいなぁ。
役者系お仕事を本当にいろいろやっていってもらいたいので、
ドラマに舞台に映画に・・・ジャンル問わず待ってます!!
なのでできることなら月イチゴローでは、俳優さんの演技に
ついて語る吾郎をもっと見たいんだよねぇ。
当然作品によってポイントはいろいろ違ってくるのだろうけど、
きっとたくさんカットされているのでしょ?スマステスタッフ様?

1年前の私

2011/01/22 (土)  カテゴリー/column-g

何を書いてたか読み返してみると・・・、おおっ。
『象』の稽古開始だってー。へー。

いまのとこ・・・静かだなー、今年はなー(苦笑)

星わーるど 僕わーるど

2011/01/22 (土)  カテゴリー/column-s

観てきました。
『僕と妻の1778の物語』

星護監督作品らしい魅力ある心地良さと悪さに満ちた作品。
シュールだったりファンタジックだったりな演出、窓からの
景色や光の重要視、シンメトリな背景・・・。
そしてなにより独特な音楽。
全体的な印象としては「空間が多いなぁ」て。なんとなく。
空の映像とか、引きの画がインパクトあったからかな。

実話を元にしているぶん、テーマも(娯楽性がなくはない
ながら)やはり軽いものではないせいか、吾郎とやっている
金田一シリーズと比較すると星さんの悪ノリにも近いよな
ノリノリな感じ(←褒めてます)はちょっと影を潜めている?
「星ワールド静バージョン」っていったところかな。
金田一は「星ワールド動バージョン」なのかも。
あの濃密な映像オタクっぷり炸裂の星×稲垣金田一
また観たくなったよぅー。

で、私はといえば。
とにかく病院の清掃係りの高橋昌也さんに泣かされたです。
ご出演については剛ファンの友人から聞いていたのだけど・・・
なんだろー、『笑の大学』同様あの高橋さんの存在感ー。
剛が演じた朔太郎のキャラは、好みが分かれるところかも。
吾郎は今回の月イチゴローで、どう語るかな。
楽しみ。

プラス30

2011/01/21 (金)  カテゴリー/ミーハー魂

現在久々に連ドラご出演中
(とはいえ既にクランクアップしてるとか)の田村正和様。

少女時代?の私が観たドラマ『夏に恋する女たち』
「イカれた黄色いサングラスがなんて似合うんだろうこの人!」
ってことで(笑)その存在が気になり始めて早や○十年。
今更ながらちょこっと検索してみましたら・・・
ちょうど吾郎と30歳違い。覚えやすくてちょっと嬉しい(笑)

正和様作品をリメイクするなら
木村さんで『ニューヨーク恋物語』
吾郎で『パパはニュースキャスター』

・・・
どーかしら。
昔は『ニューヨークーー』を是非吾郎で!と思ってたけど、
やっぱりねー、木村さんだよなー。
実は中居さんはもう既に同じ役をやっちゃってるんだよね。
『砂の器』和賀英良・・・これ、観てた記憶あるなぁ田村版。

TBSでドカン

2011/01/19 (水)  カテゴリー/column-s

CDTV年越しライブ
舞台裏での木村さんの発言はコレでしたか。

2月クランクインで半年かけて撮影・・・。
ぶっとおしの半年なのか、飛び飛びの半年なのか。
なんとも今年のSMAPとしての活動を左右しそうな
お仕事ですな(^^;)
このテーマで映画って噂も聞いてたので、個人的には
ドラマでよかったーと思っております。

もちろん木村さんにはなんの罪もないけども。
TBSの60周年、SMAPの20周年を邪魔しないよう
上手いこと、よろしくです。

毎日映画コンクール 

2011/01/18 (火)  カテゴリー/column-g

男優助演賞受賞。
吾郎さん、おめでとうございます

『十三人の刺客』は監督賞、録音賞、そして吾郎の三冠。
本当は作品部門での受賞を願ったけれど、各映画賞には
いろいろな裏事情もあるのだろうし、いまそんなことを
素人があれこれ考えても仕方のないこと。
受賞の機会には素直に喜んでおくとします。

スポニチの紙面には小さいながらもカラーのお写真。
今回の映画のオファーについて、「幸運が舞い降りた」と
表現する吾郎。実は俳優業にとても貪欲な彼らしいと思う。
大そうな決断が要ったわけではなく、ごく自然体で前向き。
この情報を初めて知ったときの私たちファンもほぼ同様の
気持ちだったから、なんだか嬉しい。

漠然と遠い世界のことのように思っていた映画賞だけど、
やはりこうしてカタチとして残るのは悪くないなと思う。
ファンとして吾郎が評価されるのは本当に嬉しいし、今後も
ずーっと続いていく役者さんとしての吾郎を取り巻く世界に、
なにか良き変化や広がりが見えてくるのかなとも思えるから。
そんな期待を胸に抱けるいまがとても幸せ。

とはいえ吾郎ファンの多くは、たぶん超話題作や超大作と
言われる作品に彼を観たいわけではないと思うので(笑)
私としては、吾郎が(たとえば『十三人の刺客』撮影中の
一昨夏のように)キラキラとお仕事をしてくれればなにより。
これからも吾郎自身が演じることを楽しんでいけますように。
近くで遠くで、私も勝手に楽しませていただきます。

俳優・稲垣吾郎が大好きです。
吾郎、いつもありがとー。これからもよろしく

続きを読む

ラーメン嫌い

2011/01/18 (火)  カテゴリー/column-s

ビストロのオーダーはラーメン。
ラーメンねぇ・・・日本国民は好きだよねぇ。
私は札幌ラーメンを筆頭に、本格的な太麺ほど苦手。
博多ラーメン的な細麺ならいけるんだけど、基本興味薄く。
そんなわけで昨夜のメニューにはどれも魅力を感じない派。
吾郎の無駄に??ゴージャスな具材は逆に興味あるよー(笑)
それにしても、そろそろこの「単品対決」終わらないかなー。

歌コーナー、ゲストは斉藤和義さん。
おおっ、やはり昨年末の吾郎ビジュアルは安定感抜群。
このゲスト様の曲は、あれですね。スマの上2人に似合う。
05年のアルバム曲にあった、ちょっと若づくり?で絶妙に
青くさい(←もちろん良い意味で、です)『Dandy Darlin'』が
2人に似合ってたのを思い出す感じ。
下3人にはちょっと嵌まりにくい世界のような・・・。
ま、昨日は全体的に素敵でしたけどね。うんうん。

私の1月は毎年仕事がキツくてツライ。
昨年は3月の吾郎の舞台目指して日々張りがあったからなぁ。
こんなにつらーい・・とか思わないで仕事して気がするー(苦笑)

群を抜いて上品なお坊ちゃま風

2011/01/16 (日)  カテゴリー/column-g

もともと『十三人の刺客』最初の試写会(モニター試写会)の頃、
どうしても気になって情報を拾いたくて始めたのがツイッター。
要らない、欲しくもない情報も山ほどころがってるし、こちらの
意向に関わらず挿しこまれてもきちゃうんだけどねぇ。
一方で嬉しいお知らせなんかもいろいろやってくるわけで・・・

今朝またそちらで知った情報。
こちらのサイトの『十三人の刺客』の感想が面白い。
膨大な文字数でボリュームもたっぷり(1万6千字だそうです!)
またスクリーンで観たくなる~~~。
管理人さんの2010映画ランキングもあり、作品じたいも吾郎も
とても評価していただいていて嬉しい。

で、いまさらながら。
十三人の刺客の斉韶は、吾郎ヲタほど衝撃度が低いんだなぁと。
一般の方が認識しているSMAPとそのメンバーのイメージでは、
この殿の所業を吾郎が演じるのはどうやら「事件」レベルなの。
いやいや、世間の皆様。
稲垣吾郎ってけっこういろんな役でいろんなシーンをやらかして
きた人なんです(笑)未成年の頃から。
今日のブログのタイトルは上記サイトの方の吾郎評・・・ふふ。
もちろん間違っていないし、むしろこういう評価は気分イイ。
こんなパブリックイメージを、表立って華麗にぶち破り始めた
のが2010年だったのかな?(吾郎ファン的にはそんな意識は
全くないけども・・・)
そういう意味では何かが始まった年だったのかもねぇ。

早く今年のお仕事情報が届いて欲しい。
とりあえず舞台・・今年もありそうでしょ?あるのでしょ?
そろそろ嬉しいニュースに浮き足立ちたいんですけどーっ。

勇気を出して

2011/01/15 (土)  カテゴリー/column-s

(↑んな、大袈裟な)

昨夜の『僕らの音楽』をリピ・・・
し始めるとけっこう止まらない~(苦笑)
初見では衝撃だったぼんやりビジュアル(笑)も、慣れると??
けっこう大丈夫(所詮吾郎らぶ)

いいとも終わりの映画撮影は切り替えが難しかったという剛に
「いまさら?」とか不思議そうに返したり。
どんな夫婦、女性との関係が理想か?と剛が訊ねたところでは、
シンツヨの間には入れない中間管理職の悲哀?を訴えてみたり。
(ここで「タァイプゥ?」って呟く口調が非常に好き。ツボ)
「泣こうと思わないほうが泣ける」と吾郎が感じたのはいつかな。
やっぱり『飛鳥へーーー』かな。あの作品の吾郎(清ちゃん)の
泣くシーンは本当に珠玉のシーンばかり。
剛が「泣こう泣こうとして泣かなかった。笑おうとして笑わなかった
初めての作品かも」と言ったことで、私の中で俄然この作品への
興味が高まりました。
でもねぇ吾郎さん?共演女優さんを美しく見せるなら、あなたも
なかなかかと思うのですよー。逆に、吾郎を美しく魅力的に見せて
くれた女優さんも数々いらっしゃるわけですがー。
(個人的には小雪さんがポイント高いな。ドラマよりもむしろ番宣
なんかで吾郎の魅力を引き出して際立たせてくれてた印象)

対談以外では
『世界に一つだけの花』のスマ映像がけっこう素晴らしくて。
当然当時もリアルタイムで観ており、たしか吾郎にとって20代
最後のテレビ出演だったはずで感慨深く観ていた記憶。
1コーラスめのサビの吾郎の立ち姿が綺麗~。
2コーラスめのソロの吾郎の脚が細いー長いースタイルいいー。
もう一生分(笑)聴かせていただいた気分のこの曲なんだけど、
まさに流行していた当時の姿の彼らで観るとまた新鮮。
SMAPも堂々としていて、代表曲というより「いまのヒット曲」を
歌っているカンジがイイのだと思う。
私は紅白歌合戦や年末のMステSPなんかで、過去曲は歌って
もらいたくない派でございます(笑)

さて、剛は今日から映画、明日からは連ドラがスタート。
なんだかこんなに一気にくるのも剛ファンとしてはどうなんだろ。
少しねー、分散してくれても良いのにねー。
まぁでも昨年暮れ、殿とくず兄の掛け持ち(笑)は楽しかったっけ。
本日初日舞台挨拶のステージには星護監督も登壇されたとのこと。
月曜のワイドショーが楽しみ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。