どんないいこと

2010/12/31 (金)  カテゴリー/column-s

2010年も暮れます。

今年はごろファン的に
春に舞台、夏にライブ、秋から冬は映画にドラマと充実!
超充実でございました。
暮れには札幌で生木村さんにも会えたしなー。
吾郎さん、SMAPさん、楽しい1年をありがとう。

来年は・・・
吾郎的には舞台とか映画とか、あると嬉しいなぁ。
そしてそれと同じくらい、SMAPのデビュー20周年に
私は執着(笑)したい。
2001年のライブツアーがひっかかっているんだよねぇ
やっぱり。そのリベンジ(苦笑)ではないけれど・・・
吾郎ファンとしてはアニバーサリーなライブが完結する
ところを見届けたいという気持ちがあって。
ファンが嬉しい“超アイドル的名曲”連発ライブを!
ベタでも良し!(笑)
ここはやはり中居さんだなー。よろしくお願いします。

ワタクシ個人的には
来年は、というより来年以降は、身辺をシンプルにして
生きていこうと。まぁいろんな意味で。それが目標。
当然吾郎&SMAP関係についても、自身の欲望に
シンプルに従って突き進もうと・・・
え?結局変わらないのか?これまでと??(笑)

さーて。
2011年はどんないいことが起こるかなぁ。
今年の最後と来年のはじまりにSMAPを眺めつつ
いまからいろいろ妄想しときましょうか(笑)

星さんといっしょ

2010/12/30 (木)  カテゴリー/column-s

嬉しい噂

剛の映画『僕と妻の1778の物語』の公開に合わせて
『僕らの音楽』で星護監督との対談企画があるらしいとか。
その顔ぶれが気になるところ・・・むむむ。

星さんは剛にとってはもちろん、吾郎もきっと大好きで
たぶんとっても慕ってらっしゃるクリエイターのお1人。
私も星監督とお仕事(ものつくり)中の吾郎の雰囲気が大好き。
吾郎の持つ美意識と星監督の映像世界、映像美が惹かれ
合わないわけがないものねっ。

星監督のお話が聴けるだけでも嬉しいのに
そこに剛のみならず吾郎もいたりしたら、もう嬉し過ぎるっ。
早く正式なところが判るといいなー。

助演男優賞 授賞式

2010/12/29 (水)  カテゴリー/column-g

晴れの舞台、せっかくの。

なんだけどー。梨園のプリンスにはしてやられましたなぁ(苦笑)
まぁ仕方ないわね。

授賞式の模様は、ワイドショーを狙い定めて見事外したり(泣)
まぁこんなものか。

駆けつけた慎吾の存在は有難くもあり、微妙でもあり。複雑。
でもまぁいいや。

もっとちゃんと良く見たかったのが本音。
おめかしをして、緊張している吾郎の姿を言葉をじっくりと。
でも吾郎ファンをやっていると、思いどおりに願いどおりに
いかないことはけっこうあるから(笑)
でもねぇ、こういった喜びを一つずつ積み重ねていけるなら
けっこう満足かなー。

今回の晴れがましい舞台に吾郎が立ってくれて嬉しかった。
昨年の5月にこの映画の一報を知った日のことを思うと
感慨深い。

吾郎さん、第23回日刊スポーツ映画大賞・助演男優賞受賞
おめでとうございます

小田さんのツアー

2010/12/28 (火)  カテゴリー/ミーハー魂

小田和正さん。
全国ツアーは来年3月開始。
札幌ドームは9月3日なんだって。

もう、日程押さえているのね・・・!(当然か)
一昨年、オフコース時代以来のコンサートに行って
いろいろと感慨深かったし素敵だったんだけど。
昔熱烈に好きだっただけに、小田さんの老いには
ほのぼのとしつつもちょっとつらく。
たぶん、もう行かない。

それに来年9月3日あたりは・・・どうなのSMAP?
アニバーサリーライブツアーをやってくれてるのかなー?
やってくれてるよねー?

燃え尽き?萌え尽き?

2010/12/26 (日)  カテゴリー/column-g

『十三人の刺客』の上映が終わって、『流れ星』も終わって
ついでに(笑)毎年鬼門のさんスマも終わって。
なんだかねー、気が抜けてるー。

Mステスーパーライブの生SMAPとか、紅白の大トリとか、
CDTVで年越しSMAPとかとかね、いろいろあるんだけど。
なんかいまいち食いつけなくて。
殿はもちろん、結局なんだかんだ修一にもエネルギーを
注いでいたもようです、私(笑)

ここはやっぱ、吾郎だな。
最近の吾郎を見ていると、いろんな意味で今後が楽しみで。
吾郎さんー、とりあえず来年のお仕事情報を確報レベルで
届けてくださいましー。

ロングインタビュー

2010/12/23 (木)  カテゴリー/ミーハー魂

まったくNHKさんは素晴らしい。
殊、イチローさんに関しては本当に素晴らしい。
どんだけイチローさん好き?担当者、誰?!(笑)

昨夜の特集『絆~イチロー10年目の境地』は
イチローさんのこの10年のマリナーズにおける
人間としての成長と葛藤を語ってもらったもの。
(ちなみにナレーションは役所さん)

今回の企画、なんだかいつにもましてイチローさんは
素直に話してらして。でもっていつもどおりの説得力。
こういう日本での番組をインタビューを、チームメイトに
見せてやればいいんじゃないかしら!ねぇ!

「濃密な関係を築けた人とはずっと一緒(のチーム)に
いたいのに。みんないなくなってしまう」なんて・・・うう。
スーパースターなのにー。なんていじらしいーー。
あと、少し前のちょっと騒がれたバッシングの件。
チームメイトからの「selfish(自己中心的)」という表現、
記録更新にも祝福されなかったトラウマの話に泣けた。
後輩たちも「無口でわがまま」というイメージをもって
入団してくるらしいのね。無口・・・はないでしょ(苦笑)

たしかに日本の中に居ても独特なキャラクターかと思うし、
それがあの世界でここまでの特別な存在になっていれば
それは誤解も多かろうと思うけど・・・。
現在37歳、人間としてこの年齢で成熟することも意識
しているというのも新鮮な驚き。
自分と周囲をそれこそ「俯瞰」で見る才能が半端ない。

で、唐突ながら、同い年の俯瞰野郎(笑)稲垣吾郎さんの
こんなロングインタビューも見てみたいなぁって思った。
きっとすごく良い話が、魅力ある表現で聞ける気がする。
でもイチローさんがマリナーズを語るようには、吾郎に
SMAPを語らせるのはたぶん難しいよね。現時点ではね。

もう、来ません

2010/12/20 (月)  カテゴリー/column-g

『流れ星』、完結。

修一というキャラクターについての説明不足は終始あっても、
吾郎の演技には全くの説明不足はなかった全10話でした。
素晴らしかった。最終話は特に。
魅せてくれちゃいましたー。

病室でマリアに言った綺麗な表情での「もう、来ません」
無断で退院して杖を置いた、無言の「もう、来ません」
あのすたすたと歩く、美しい後ろ姿にもってかれたぁぁぁ

結局、謎なまま、いろいろ放置されっぱなしなんだけどね。
くずテイスト(笑)も残しつつのお兄ちゃんなんだけどね。
なんだろ、この満足感。
ドラマのラストや他のキャストさんへの満足感もそれなり
あるにはあって、まったく別のところで吾郎への満足感に
満たされていて・・・ドラマ後に妙に上がる私のテンション。

とりあえずひと段落なんだけど。
ああ、もう既に来年がとにかく待ち遠しいー。
今夜の吾郎を見届けて、来年の俳優・稲垣吾郎がますます
楽しみで!

青いザリガニ

2010/12/20 (月)  カテゴリー/column-s

さんスマ、今年の罰当番は吾郎の番だったかー。

なんか近年
この番組については観終えた後に不愉快感というよりは
1年最後の試練を乗り越えた!という達成感すら覚えるよ。
年末を感じる時期から、漠然と抱えていた重たいものから
開放されたような・・・(苦笑)
まぁそんくらいうっとおしー存在の番組ではあるわけで。

でも、吾郎の綺麗なお顔に青いザリガニはどこかお似合い。
「やはり醤油色のおでんよりは、青か赤のザリガニでしょ」
と、直後にツイッターで呟いてくれたのは剛ファンの友人。

・・・確かに!(笑)
吾郎、こんなときもあなたの選択は正しかったよ。
シチュエーションは残念なものだったけどな。

「変」

2010/12/19 (日)  カテゴリー/column-s

『バンキシャ』
登場したのは「5人だけ」。きゃほーーー
吾郎のカーディガン姿がイイ。カジュアルなのに立ち姿も綺麗。
いやー、なんだか充実のビジュアルだなー。髪も肌も体型も。

5人は今年の自分の一文字を披露。
慎吾→「楽」
木村→「志」
吾郎→「変」
中居→「許」
剛 → 「走」

中居さんの「許さないと進めない。甘やかすのでなく許しましょう」
てのが・・・なんか妙に深いんですけど(苦笑)
吾郎は「髪型が変わった。変わった役どころが続いた」との理由。
吾郎のなかでどこか意識の変化もあった1年だったのは確かなよう。
こんな些細なことからも、来年以降に諸々期待が高まってしまうー。

さーてー。
数時間後には本番オンエア。
中居さんの「許」の精神で、私も頑張りまっす(苦笑)

なにがびっくりって

2010/12/19 (日)  カテゴリー/column-g

ライムスター宇多丸のシネマ・ランキング2010

『十三人の刺客』を年間第1位にしてくださったのは
喜ばしいびっくりとして。

ヤマトの山崎監督と、脚本担当・佐藤嗣麻子さんが
ご夫婦だということを同番組で初めて知りびっくり!
そんな私こそが、なによりびっくりな存在かしら(^^;)

さて。
いよいよ今日は。
『さんスマ』があり、『さよなら五つのカプチーノ』が
ないという、最悪な(笑)巡り合わせの日曜だぜ。
五カプさえあれば、プラマイゼロにできたかもなのにー。
(え?)