スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・で!?

2010/10/31 (日)  カテゴリー/column-g

ドラマ撮影による夜更かし続きでお疲れかな?な、月イチゴロー。
でも体調不良でないなら、ややローテンションの吾郎も大歓迎。
ただ右頬になんとなく違和感が・・・ない?

ランキングでは
肥満に敏感だったり、相変わらず男臭いのには否定的だったり。
「何年か経ったら忘れる」っていうコメントも、時々するよねぇ(笑)
アクションスター勢揃いにも「で!?」っていう(笑)←なつかしー。
そしてそして。1位の『シングルマン』においては・・・
「綺麗なものは男も女も一緒」 ときっぱり。

一貫して、綺麗と感じるものが好き。むさくるしいのは嫌い。
自分を含め、周りには極上の美しい男性が普通に居る人生だけど、
麻痺もせず常日頃「美しさ」に拘って生きてくれてるところが好き。

はー。今月も素敵でした月イチゴロー。
再来月には久々“乙女発動”で古代クンを語る吾郎が見られる?
や、どっちかいうと“波動砲”にテンション上がりまくるか?(苦笑)
スポンサーサイト

思い直してみた

2010/10/30 (土)  カテゴリー/column-g

そうか。
もしも本気でフジテレビ様が、稲垣吾郎の役者としての
魅力に「開眼」したのなら、今後・・・。

怒涛の過去ドラマDVDリリースラッシュとか

『学校へ行こう』、『二十歳の約束』、『彼』、『危険な関係』、
金田一シリーズ他単発ドラマ。
ポジティブに、そんなことを可愛く願ってみよーかな?
むだ?(笑)

めーざーまーしーめー

2010/10/30 (土)  カテゴリー/column-g

来週月曜日の『めざましテレビ』
「愛子の会いたいYOU」(←合ってる?)なるコーナーにて
稲垣吾郎の役者人生に迫る ――― んだとか。

フジだしなー。めざましだしなー。
SMAP10周年の特集でも平気で間違い連発してたしなーーー。
スマのことだから気付くけど、よく知らないタレントさんの特集では
いつもウソを聞かされてるわけだなー、と思い知ったあの日。
またまたまたまた「めざましめーっ(怒)」と言わせないでよー。
期待はほどほどに。でも吾郎のビジュアルや撮影風景は楽しみ。
ついでに、例の医療ドラマの情報は出ないのだろうか・・・。

で?同日夜のスマスマには「十三人の刺客」の文字?
これまた・・・いまさらなんやねん?なスマスマ。
ここへきておかしなマネしたらタダじゃおかないぜい。

続映決定

2010/10/30 (土)  カテゴリー/column-g

十三人の刺客、続映決定

昨夕の朝日新聞に広告があったようで。
首都圏とこちらでは地域差もありそうだけどねぇ。

この映画については
なんとなく終始涼しげな?(笑)対応といった印象の吾郎だけど、
この大ヒット続映決定のタイミングで、殿のことを吾郎の口から
しっかりと聞いてみたい気もするけど・・・。

なんにせよ、めでたいっ。うれしいっ。

パーフェクト

2010/10/29 (金)  カテゴリー/column-g

吾郎はすごい。
少なくとも私にとっては。
完璧なタイミングで、手ざわりで私を落ち着かす。

パーフェクトなこのインタビューの浄化作用に惚れ直す。
柔軟でいて揺るがない。
いま、吾郎から聞きたい言葉がぎっしりと、泣けるほど。

『流れ星』公式インタ、ナイスタイミング。

ヤマト祭り実行委員に提案

2010/10/29 (金)  カテゴリー/column-g

そうだよTBSだし。
『宇宙戦艦ヤマト』はある世代にとってノスタルジーそのものだし。

出ましょう木村さん。
哀愁探偵1756に。ぜひ

2人で井川さんときみたいに室内でも、もちろんロケでも。
ゆるーーい感じで(笑)見たい見たい。

で、そんときは、アシスタントは「1回休み」で。

ヤマト祭り

2010/10/28 (木)  カテゴリー/column-s

公開は12月なれど。
予想どおり着手も展開も早い(当社比)
これからどんどんボリューミー(笑)にもなっていくのでしょお。
おそらくどんぴしゃヤマト世代なんだろうけど、ワタシ。
1ミリも嵌まることなく育ってしまったので、正直まったくもって
オリジナルに思い入れはないのですがーー(^^;)
でもやはり。木村さんのお仕事は国民的に盛り上がってくれないと。
だからヤマト周辺の方々、どんどん頑張って。

私はもうしばらく悪い殿と、悪い兄に現を抜かしとりますが
(12月まで十三人の刺客も上映されてたらなー。梯子するよー)

槇原兄妹

2010/10/26 (火)  カテゴリー/column-g

梨沙ちゃんの婚姻届によると、本籍は板橋区高島平?
で、父親の名前は「田中」という姓のもよう。

ほっほーう、兄妹は高島平出身ですか!
そこに意味があるのか。
単なるお遊びでもなんだかちょっと嬉しい。

吾郎が居なかったら正直見ていなかったドラマかも。
でも第2話まできて「なんか、けっこう見ちゃう」って
ドラマになってるし、吾郎@修一は目が離せないし、
概ねつまらないスマスマ(苦笑)含め、なかなかに
有意義な月曜夜の2時間です。

保険のCM

2010/10/26 (火)  カテゴリー/column-g

んー。
保険のコマーシャルってむつかしいと思う。

切り口をどこにするか、ターゲットをどうするか、で印象変わるし。
せっかくのインパクトにも押しつけがましさがあっちゃマイナスだし。
保険という商品の、ある意味生活感というか生々しさとかをまったく
漂わせないタレントさんの起用も・・・正直どうなんだろとも思うし。

ワタシ的には。
中居さんの「愛と勇気で生きていく」が過去最高だなー
あのダンス(ターンだった??)シーンのCM、良かった!!
中居さんファンの友人の部屋にポスターがずっと飾ってあった。
でもあれは、20代だから成立する素敵コピーだったねぇ。
あんなに若くて美人さんな中居さんだったけど、あのときの彼に
保険のCMはしっくりきていたなぁ。

二種類の

2010/10/25 (月)  カテゴリー/column-g

『流れ星』第2話。

友人が「二種類の妹萌えを愉しむドラマ?」と言うので
「二種類の兄萌えを愉しむドラマかも」と言ってみる(笑)

終始、芝居がかった振る舞いの修一にーさま。
本心が見えてこないところが、いまのところすごく心地悪い。
しかしあのスキンシップ、リアル兄妹ではないない!無理無理!
いっそ禁断の・・・って域のストーリー展開にもってく?(笑)

で、健吾にーさまのほうは「脳死」と口走りましたね?!
むむ。そこは敏感になりますわよ。修一派としましてはっ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。