スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばんぱくー

2010/04/30 (金)  カテゴリー/column-s

上海万博の開会式映像に、そこはかとなーく嫌悪感。

できる限りテレビのチャンネルを変えたくなるのは、
なんだかんだスマのイベントショック?

明日から7-9月の割安航空券の発売も始まるのー。
早く夏の予定を立てさせて♪
ゆーか、立てさせろ!(笑)
スポンサーサイト

黄金

2010/04/29 (木)  カテゴリー/column-g

3月が「黄金月間」すぎたので、ちょっとくらい休日が
続いたって、全然ゴールデンな感じなんかしやしない。

そもそも、まだまだ全然寒いし。行楽気分ゼロなのよ。
ライブの情報でも届けばねー。

先月の歌舞伎座

2010/04/29 (木)  カテゴリー/column-g

歌舞伎座

昨日、建替え前の千秋楽を迎えたということで記念にアップ。
吾郎の舞台観劇前に撮った、ちょうど1ヵ月前の歌舞伎座。

Johnny’s Web、先日ここを訪れた斗真氏の日記には
「生まれ変わったら歌舞伎役者になりたい」って書いていて。
歌舞伎好きなの?ほーーー、ちょっと意外。
でも見てみたいかも、その生まれ変わり。

真弓イズム

2010/04/29 (木)  カテゴリー/ミーハー魂

2年契約の2年目を迎えてる阪神タイガース、真弓監督。

こんなシーン、新鮮だわー。
監督の就任時のコメント「誠心誠意戦う」姿勢と人間性が、少しずつ
チームの面々に理解されてきた?
今年はAクラスキープの走り出し、正直首位巨人のスタァさんたちの
不調の波に賭ける&つけ入るしかないのかもだけど(弱気?)
今年はまじ優勝して欲しいなぁ。
そしてできるなら、もう2年くらい監督続投で夢が見たい

いやー、それにしても。
なんで北海道ではデイリースポーツが購読も購入もできないのっ?!
デイリーさんは、なにげにスマにも手厚いのに~。

萌える と 嵌まる

2010/04/28 (水)  カテゴリー/column-g

毎週極上ビジュアルを提供されて。

吾郎の内外面の魅力を堪能するにはこれ以上ない構成で。

気になると言えばちょっと人が多過ぎという印象くらい。

そんな素敵な G.I.Goro



・・・なのだけど。
現時点、毎週待ち焦がれるほどの番組にはなっていないのは、
やはり私が根本的にお笑い好きでないせいなのか。
発明&アイディア募集企画に、好奇心旺盛な吾郎はぴったり
嵌まるけど、私はこの企画構成にいまひとつ嵌まれない。
萌えはあるのに嵌まれない・・・なんか心地悪いんだよなぁ。

なんてね。
未放送地域もあるのに、贅沢言っては罰が当たるか(^^;)

マーガレットさん

2010/04/26 (月)  カテゴリー/column-s

スマスマ
石橋貴明すぺしゃるーっ・・・う?

なんか、長かったわビストロ。
(世間はそれほどまでにとんねるずに興味・・・ある??)
ねるとんの吾郎と木村さんの映像は、前にも同じシーンが
どこかで使われていたような・・・。ああ、吾郎が針金

カニ蔵さんは、やはりコントに。
でも先週のビストロほどのインパクトがないー(苦笑)
笑いってむつかしいね。

どこかで聴いたような矢島美容室の新曲は、こんなんに
SMAP絡めたらそりゃもう最強でしょ♪なポップアイドル
丸出しなノリで(笑)呆れるほど可愛いアラフォーアイドー。
黒スーツのスマにハズレなし!
ノリさんを普通に「マーガレットさん」と優しげに呼んじゃう
吾郎のジェントルっぷりがイイ!
(歌コーナーの吾郎は引き続きふわくりチャレンジ継続中。
今夜はデコ出し。いいよいいよー、いろいろやってこー)

で。
オープニングのロートさんの鳩は?
スポンサーに名前はあるのにね。大人の事情ですか?
まだ6人だったスマスマ第1回の直前ドラマから繋がってる
鳩なのだよー。無くさないで欲しいんだけどなぁ・・・。

ついに流出

2010/04/26 (月)  カテゴリー/column-s

後輩がアジアツアーなどに出て行くなか、なぜかグループとしては
国内営業のみだったのに。

SMAPにーさんたちも、ついにこのたび中国へ

・・・いやー、気ぃ悪いわー(笑)
夏のライブ日程でも出てればねぇ、もう少し広い心で見守れるって
もんだけど。しかも海外では彼らの愛想も良くなりそうで、そこも
ちょっと腹立たしかったり。←どんだけ心狭いのよ(^^;)

んー、上海ねぇ・・・。
いろんなリスクが高そうで、ちょっとチャレンジする勇気はないなぁ。
とりあえず仕切りの混乱が「宮城以上」なのは確かかと思うので、
彼らのまわりの方々、どうか頑張って。

ムカツキ御曹司2002

2010/04/26 (月)  カテゴリー/column-g

見てしまった、久々に。『恋愛偏差値』第二章。

んもー、やっぱ好きー、夏目くんー。
あの美貌、目つき、ファッション、生い立ち&経歴、女の扱い、
面倒くさい性格、弱っちい本性、小首傾げやら右眉上げるとこ(笑)

ど ストライク なんですけど!!(悶)

このドラマ、カメラさんが明らかにヒロインより夏目勇作を美しく
撮ることに尽力していたとしか思えない。そんな出来なのよねぇ。

夏目主役でヒロイン替えて(常盤ちゃんに罪はないが、琴子の
キャラが致命的にいただけなかった)、やってくれないかな~。
「ムカツキ御曹司2010」。
当時この吾郎を「ヒュー・グラントみたい」と評した栗原さんー、
いま何処?

考察

2010/04/25 (日)  カテゴリー/column-g

吾郎の「殿」に関して。

もしかしたら、ジョニー・デップでいうと
『Neverland』の彼と『Libertine』の彼のギャップくらい?
『Neverland』のジェームスがパブリックイメージの吾郎で、
『Libertine』のロチェスターが斉韶。
そんくらい覚悟しといたらOK??

・・・なんてね。
そうそう答は出ないか。
そもそも『十三人の刺客』と『Neverland』と『Libertine』を
観た人が現時点そうは居やしないし(苦笑)

殿の衝撃

2010/04/25 (日)  カテゴリー/column-g

まだまだ苦労して探さない限り、『十三人の刺客』の殿情報に
出会うのは難しい現状。

そんな中で聞こえてくる殿に関する「衝撃度」についてって・・・
どうなんだろ?最近の稲垣吾郎のパブリックイメージを思うと、
ひょっとして吾郎ファンより一般の人にとってのほうが大きい?

ディープ山崎、太田俊哉、鏡恭一。
種類は違えど、吾郎はエキセントリックな役を通り過ぎてきて
おり、そこにむしろ熱狂してきた吾郎ファンとしては、やっぱり
今回の殿にも期待せずにはいられない~。
ただ、飛び交う「エロ」と「グロ」の文字がね(^^;)(^^;)(^^;)
エロは良いけど(え?)グロがねぇ・・・・・そのジャンルと程度に
多少の不安があるのも事実。早くこの目で確かめたいけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。