スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そっと きゅっと

2009/06/30 (火)  カテゴリー/column-s

なに、このらぶりーさ加減(笑)

『そのまま』のC/Wの『White Message』とかー。
『この瞬間、きっと夢じゃない』のC/W『two of us』とかー。
そこいらへんの、もはや三十路アイドルにはやや無理もあるらぶりー
ソングを愛する私には期待膨らむ新曲タイトル。

でも。
久保田利伸さん提供なんで。たぶん路線はちょっと違うな。
昨年木村さんのソロ用に2曲用意されたという、もう1曲のほうとか。
たしか「もう一つはバラード」って言ってたよな木村さん(使いまわしかい)
そろそろ本気で売る気を出してみるべきだと思うんだけどね。
久しぶりに売れっこ歌手になりましょうよー。

一方で、なんとなく、発売のタイミングも気になるところ。

8月26日?なんでまた?
例によってぎりぎりやっつけ(おい)のレコーディングをしたってもう少し
早く発売できそうなもの。最終話近くまで引っ張る意味は?
その時期に音楽活動をがっつりまとめてやる気だったら嬉しいんだけど。
ライブとかライブとかライブとか・・・ねぇ。
単にその頃まで5人で歌番組すら出られるスケジュールじゃないって
ことかなー。あの人とかあの人とか、あの人とかが?

SMAP1年ぶりの新曲が主題歌となる『任侠ヘルパー』。
ドラマの数シーンを見る限り、剛がなかなか嵌まっており、男前。
剛ファンは久々にビジュアル込みで楽しめるドラマではないのかな。
スポンサーサイト

時期尚早

2009/06/29 (月)  カテゴリー/column-s

今夜のスマスマ。

M・ジャクソンへの追悼の意というよりも。
番組的に「ここぞとばかり」の企画に見えてしまうのは偏見?

まだ少し時期も早過ぎなんだと思う。
死因の特定とか諸々の憶測がもう少し落ち着いてからでも
よかったんじゃないのかな。
感激で舞い上がりもしているSMAPを、彼を愛してたファンの
人たちは、現時点でどんな思いで見るのかなって・・・。
ちょっと気になった。

思いがけずの『BANG!BANG!バカンス!』。
・・・うお。吾郎の髪がっ。ぺたーとしてるよー。ぺたーてっ(笑)
いつもなら なんだ?それ?! ってリアクションになるけど。
いまはいいの。たぶん理由(ワケ)あってのぺたーだもんね。
そこにちょっと うきっ♪ としてる私も時期尚早?

あたかも

2009/06/28 (日)  カテゴリー/column-s

そう、あたかもジャニの一員かのような(おい?)
カウントダウンコンサートのガセネタ。←決めつけてるし。

なにかの間違いでほんとにやってくれたりしたら、全国どこの
5大ドームだろうが行っちゃうけどねぇ。

でも私。
紅白に出続けてるスマって好き。
実際しょーもない歌謡ショーだけども(失礼)
「国民的アイドル」としての義務を果たしているかのような
その古風さ?がね、逆にカッコイイと思うのよ。
でも今年は正直、辞退するに妥当な事情もなくはない・・・か?

このネットのネタは置いとくとしても。
ライブ、やってくれたら嬉しいけどねー。
たとえそれが年末年始でも。生の彼らに会えるなら。

ご好評

2009/06/28 (日)  カテゴリー/column-g

昨日の月イチゴロー。

「前髪吾郎」は相変わらず好評。

・・・そっかー。そっかなー。オレのとは違うなぁ~。

な、倉石管理官気分。

他人に見せたくない映画

2009/06/28 (日)  カテゴリー/column-g

全体的には淡々とした、おとなしめな印象の月イチゴローで。

特に大本命と思われていた『愛を読むひと』のコメントが淡白で意外。
(ここで大下さんをからかっちゃーいけませんっ、そこの年下オトコ!
妬ましーじゃないの!)

とはいえ1位(I COME WITH THE RAIN)には静かに熱く。
木村さん、今日の吾郎のコメントは嬉しかったろうと思うわー。
喜んでる顔が目に浮かぶよう。

「好きな映画」って一言がイイ。シンプルだけど。
「他人には見せたくない」「自分の中だけに取っておきたい」くらい
好きって、丁寧に語る吾郎の口調が優しさと感嘆を帯びており。
感想は直接木村さんに伝えてもいるのかな。
見てみたいなぁ、その現場。

ベージュのスーツ姿。
座り姿ながら全身が映ると、漂う上品な雰囲気がやっぱり素敵。
吾郎もゲストの舘ひろし様みたいに、幾つになってもスーツが似合う
人でいて。
「美しいモノへの女性の本能」(大下さんナイスコメント!)を刺激し
続ける人でいて。

えーと。そこでお腹さすってる司会者さんもね。よろしくて?(笑)

上質の幸せ

2009/06/27 (土)  カテゴリー/column-g

いまさら、ようやく、『悪魔の手毬唄』をHDDからダビング。

編集途中、早送りでも胸にくる星ワールドの素晴らしさ。
さすがです。

そんな上質で独特な世界のど真ん中に佇む金田一吾郎。
どこにも居ない、誰にも撮れない吾郎がそこには居て。
いやー、星護氏と稲垣吾郎というのは、運命的なまでに
相性が良いのだなーと。あらためてうっとり。

当初は
正直この金田一シリーズはビジュアル萌えが少なかった。
それがどんどん視覚的に(吾郎を中心に)むしろヲタ向けと
思うほどの方向へ進化してきており。
でも、だからこそ、星監督に別の作品で吾郎を撮ってみて
欲しかったりもするんだけどねぇ。

次のお仕事情報も待たれるなか、本日の『トライアングル』
DVD発売記念イベントの「重大発表」は空振りだったようで。
まぁねぇ・・・なんとなく予想してたけど・・・踊らされた?

さて。
『MR.BRAIN』も第6話。
途中の見ごたえに比べて、オチ?が毎回いまひとつの気が
して残念感があるんだけどー(^^;)

今週もキズナ食堂の遊び人風木村さんが可愛いー。
もう毎週かぶりつき。
この上質ビジュアルが生かしきれてない気がするのは・・・
やはり九十九さんの髪型と衣装なんかなー。

「包み隠さず」のこと

2009/06/27 (土)  カテゴリー/column-s

木村さんのラジオ。

「剛“復活”の日のスマスマの裏話を」とのリクエストに
木村さん。

「いままでとくに話さなかったのは、いつものスマスマと
ほとんど変わらなかったから」とのこと。
とはいえ、涙しているファンの姿にはあらためて感謝の
言葉も述べつつ、きわめてシンプルなご報告。

むしろあのとき吾郎ファンの間で何かと話題にのぼった
「包み隠さず」のくだりのほうにあらためて思いをこめて
語ってた気がした昨夜の木村さん。
吾郎とのやりとりにも触れつつ。

いろんなリアクションがあったと思うけど。
あのときの木村さんの言葉は、吾郎を守る意味に私には
取れたから。嬉しかったんだけどね。

こんな日も普通に昼メシ抜きの1日だったり

2009/06/26 (金)  カテゴリー/column-s

M・ジャクソンの訃報。

ある意味歴史的な今日も、私の日常はごく普通・・・
どころか、普通よりかなり多忙でランチタイムもままならず。
ビッグニュースに囚われる暇もない、そんな1日。
もう少し感傷的にもなりたかったのに。

50歳て。
SMAPとも吃驚するほどには違わない年齢なんだなー。
正直最近は目を背けたり、見て見ぬふりをしたくなる存在
だったけど、80年代の彼の印象はチャーミングで品のある
青年だった。

「ひとつの時代が終わった」とか言うほどには入れ込んで
いた存在ではないけれど。

やっぱりね。
いろいろ思うところはあるです。MTV世代としては。
(UK好きだったとはいえ)

いらんなー

2009/06/25 (木)  カテゴリー/column-g

もう、こんな番組、普通にいらないけど?

な、マイフェアレディ(毒)

いまやちゃんと大人な吾郎が、この番組に集う女性たちと絡んで
得るもの、プラスになるものって、きっぱりないと思う。

てか。
私が大概のお笑い系が好きでないから。楽しめないから。
ストレス溜まるー。

この番組に費やしてる「吾郎のエネルギーと時間を返せっ」とかね。
超上からの何様目線で言いたくなっちゃううう。

ニノセン

2009/06/24 (水)  カテゴリー/column-g

早朝から吾郎の新CM『大関』で盛り上がった今日。

日本酒と稲垣吾郎。
より違和感を感じるのは一般の方々かヲタ側か。

さて実際にCMを見て。
実はさほどテンションが上がらなかった。
何故なんだろう・・・としばし考えてみる。

徹底したレトロムード(に、してもあの女性はレトロ過ぎでしょ)の中、
吾郎が普通に吾郎なんで浮いちゃってる?

あと、田宮二郎さんに所縁ということで、ちょっと胸が苦しくなる。
私自身がもの心ついて田宮さんを認識した時期というのが、まさに
『白い巨塔』佳境の頃であり、ドラマでも私生活でも壮絶な最期を
迎えた時期。そのインパクトがあり過ぎて、トラウマに近いのかも。
そんなものすごく私的な生い立ち事情から、なんとなく今日の画を
見ていても複雑で。

でも
吾郎は久々の二の線CMをお喜びのようで♪それはそれで何より。
「日本男子の美しさと優しさが伝われば」という吾郎のコメントどおり、
二郎さん編も吾郎さん編も上品な仕上がりが素敵です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。